1. >
  2. >
  3. はり師・きゅう師

はり師・きゅう師

気のめぐりを良くする鍼灸

東洋医学では、「気」が全身をめぐることで生命が維持され、「気」のめぐりが悪くなると病気になると考えています。
「気」のとどこおりや詰まりを調整する場所がツボ(経穴)であり、全身に300以上あると言われています。

はり師はツボを鍼(はり)で刺激し、きゅう師はもぐさを燃焼させてツボを温めることによって、人間が本来もっている自然治癒力を高め、病気を治療します。

灸(きゅう)には、いろいろな種類がありますが、一般的にはよもぎを原料とする「もぐさ」を患者の体のツボの上に載せて線香で火をつけ、熱によって刺激します。
鍼(はり)も灸(きゅう)も、副作用がほとんどない治療法であると言われています。
神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎(けいつい)ねんざ後遺症などの治療には健康保険が適用されます。

はり師・きゅう師になるには

伝統的な東洋医学の施術者であるはり師、きゅう師になるには、国家試験に合格して免許を取得する必要があります。
国家試験は別々におこなわれますが、同時に2つの試験を受ける場合は、本人の申請により、どちらか一方の共通科目の受験が免除されます。
そのため、両方の免許をあわせもつ人が多くなっています。

はり師・きゅう師になるためには、指定された養成施設(3年以上)を卒業し国家試験に合格することが必要です。
養成校には大学(4年)・短大(3年)・専門学校(3年)がありますが、ほとんどの人が専門学校を選択しているようです。

はり師・きゅう師の国家試験の合格率は以前は8割を超えていて高くなっていましたが、最近は7割程度となっています。
それでも試験前にしっかりと対策しておけば問題のないレベルの試験といえます。

職場や年収について

就職状況ですが、「可もなく不可もなく」といった感じでしょうか。
高齢化社会ということもあって患者の大部分を占める高齢者の数が増えているので急激に雇用が減るということは考えられませんが、近年は、はり師・きゅう師の養成校が増加した影響で資格取得者が増加し就職状況は厳しさもあります。

主な職場としては、鍼灸治療院や病院の整形外科、福祉施設、リハビリテーションセンターなどになります。
資格取得後すぐに独立する人もいます。
また、最近では針きゅう学科のなかにスポーツトレーナーのコースが併設されているところも増えてきており、プロサッカーチームや野球チームのスポーツトレーナーを希望して資格を取る人も増えているようです。
ただし、こういった仕事は求人自体が少なく、ほとんどは人脈やコネで採用が決まるそうです。
更に、契約体系は1年契約などの短期が基本となるので、よほど実力がないと難しいかもしれません。

収入については、鍼灸院に勤務する場合は、一般的なサラリーマンとさほどの違いはなく初任給で10万後半〜20万円台前半程度といったところでしょうか。

公務員として病院の医療施設などに勤務する場合は公務員としての給与が支給されます。
基本的には高給を取るためには鍼灸院を独立開業して人気を獲得することが必要となります。
そういう意味では努力次第で高給も夢ではありません。